London Iyage Report

 

その昔、「博物学」という生物学、地質学、民俗学なんかを一緒くたにしたグローバルな「学問」が存在しました。

大航海時代以降、世界中から収集された生物、鉱物、略奪物によって博物学は隆盛を極め、その膨大なコレクションを収蔵、研究する場として「博物館」が作られました。

「イヤげ」を収蔵、研究する当館ではこの「博物学」をより深く理解するため、かつての博物学の中心地であり、現存する世界最大の博物学コレクションを収蔵する都市、ロンドンへ研修旅行を実施しました。

博物学研修という目的のため

「タワーブリッジ?どこにあったっけ?

ビッグベン?誰やねん?

罰金ガム?うまいんかそれ?」

という具合に通常の観光における重要スポットを見事に外しておりますが、

イヤげの採集は忘れていません。

 

The British Museum(1)(2)
The Natural History Museum(1)(2)
London Zoo(1)(2)(3)
Extra
倫敦コラム

 

 

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO